Ring Wandering

タグ:E-5 + VE14-150mm F3.5-5.6 ( 8 ) タグの人気記事

2012年1月9日14時10分 岡山市東区犬島(& 2015年12月14日9時11分 犬島沖)

d0352387_01112662.jpg
d0352387_01131383.jpg


「犬島の思い出」

2012年の冬、備讃瀬戸の島々を巡りました。岡山の宝伝港から渡船で着いた犬島は煙突だらけでした。
崩壊しかけた煉瓦造りの煙突群は異様な光景を見せてくれました。今ではアートの島として知られます。
かつては銅の製錬所として機能した島。その過程で排出される鉱滓を利用した黒いカラミ煉瓦。
島の至る所にカラミ煉瓦による建造物の遺構が残っていて、独特の景観をつくり出していました。

1枚目は2012年に犬島で撮影した煉瓦の煙突写真。ご覧のように崩壊寸前で生き長らえています。
絶妙なバランスで保たれています。約4年経過した現在、この煙突はまだ健在なのでしょうか?
そして2015年12月にその沖合を通過しながら遠望した犬島。何本も煙突が確認できました。
おそらくは左から2番目に見える煙突が同じものではないかと思われます。位置関係も符合します。





OLYMPUS E-5 + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm F3.5-5.6 ASPH.
& OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

[PR]
by sukakichi3 | 2016-04-11 01:57 | 岡山

2012年2月21日 北海道札幌市北区北6条西 札幌駅5番線(2)

d0352387_23441621.jpg
d0352387_23444146.jpg


「古参の顔」

札幌で「はまなす」から降りた後は次に乗る列車まで短い撮影タイム。
#1. 青森発の赤い機関車に付いていなかったヘッドマークが、青い機関車にありました。
#2. 9番線に向かうと国鉄時代そのままの普通電車。聞いた話ではリバイバル色だとか。
2015年3月現在、すでにこの形式の電車は引退してしまったそうです。
この時の旅で乗車したのが最後の機会になったのです。


OLYMPUS E-5 + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm F3.5-5.6 ASPH.

[PR]
by sukakichi3 | 2016-03-18 23:59 | 北海道

2012年2月21日 北海道札幌市北区北6条西 札幌駅5番線

d0352387_00134652.jpg
d0352387_00160898.jpg


「札幌の朝」

青森から札幌まで夜通しで走り続ける急行列車「はまなす」。7時間半程度であっという間に到着です。
朝の6時過ぎに札幌の町へ放り出されても、特に冬場は行先が思いつきません。夏なら色々あるのですが。

しかし、昔わたしがそうであったように「乗り鉄」な人々には、朝イチから行動できてありがたいのかも。
各路線にすぐ乗り換えていくグループと、駅の待合室や改札に向かう一般の客。さて、我々はどうする?

前日午後は酸ヶ湯温泉で寛ぎ、夜に青森で鮟鱇鍋を突つきながら飲んだくれた後、車中の人になりました。
寝不足と酒が残った身体で、早朝から脱力した状況。夜を徹して走り続けた列車の厳つい姿とは大違い。

ちなみに列車は函館で青いディーゼル機関車に交換されていました。もちろん函館では夢の中でした。



OLYMPUS E-5 + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm F3.5-5.6 ASPH.

[PR]
by sukakichi3 | 2016-03-18 00:56 | 北海道

2012年2月20日 青森県青森市柳川 青森駅3番線(3)

d0352387_01142500.jpg
d0352387_01152569.jpg


#1. 札幌という行先を本州で見ることは出来なくなります。いつか北海道新幹線が到達する日まで。
思えば、客車列車の終焉によって、古くからの幕式の行先表示もほとんど見られなくなります。

#2. 四年前には寝台特急「あけぼの(上野−青森)」と「日本海(大阪−青森)」がまだ走っていました。
「はまなす」と同じホームから発車していたようです。このドア位置を知らせる板も絶滅危惧ですね。

このとき乗車したのはカーペットカー。B寝台車やリクライニング車・座席車など、多彩な編成でした。


OLYMPUS E-5 + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm F3.5-5.6 ASPH.

[PR]
by sukakichi3 | 2016-03-17 02:34 | 青森

2012年2月20日 青森県青森市柳川 青森駅3番線(2)

d0352387_01393460.jpg
d0352387_01400599.jpg


「赤い機関車と青い客車」

青森から青函トンネルを潜り津軽海峡を越えて、一晩かけて札幌まで向かう夜行急行列車「はまなす」。
3/21で廃止されてしまうのですが、最後に乗ったり見たりする機会は得られないのが残念です。

#1. 赤い機関車の先頭部分は明かりがあまり届かず、暗い場所でした。ヘッドマークがありません。
#2. はまなすの入線シーン。入換機関車が先導し、最後尾が赤い電気機関車。信号の赤い光が強烈です。

四年前の2月の夜、友人と2人で北海道を目指して乗車しました。のびのびカーペット車に乗りました。


OLYMPUS E-5 + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm F3.5-5.6 ASPH.

[PR]
by sukakichi3 | 2016-03-16 02:10 | 青森 | Comments(2)

2012年2月20日 青森県青森市柳川 青森駅3番線

d0352387_01172694.jpg
d0352387_01175453.jpg


「最後の急行列車」

青森・札幌間を結んでいる夜行急行列車「はまなす」が、とうとう今月のダイヤ改正で廃止されます。
国鉄がJRになってからの約30年間は、全国的に夜行列車と急行列車が削減されてきた歴史でもあります。

「はまなす」が廃止されてしまう理由は、皆さんご存知の通り北海道新幹線が開通するからです。
青函トンネルは三線軌条化されて、新幹線を中心にして在来の貨物列車が夜を中心に通過する路線に。

本州と北海道を結ぶ貴重な交通手段であった夜行列車が、今後もダイヤの隙間を縫う理由が薄れました。
とはいっても、もっと様々な選択肢を残して欲しかったものです。新幹線への一本化は乱暴ですね。

ここまで毎年のように廃止が噂されてきた夜行急行。まさか人気の「北斗星」より後まで残るとは!
しかしこの決定はずいぶん前から避けられないものとなっていました。最後に乗車したのは四年前。

はまなす号の廃止によって、JRから急行列車と定期便の夜行客車列車が消滅してしまいます。
国鉄の時代から長く続いてきた歴史が、とうとう本当に全滅してしまう瞬間でもあります。


OLYMPUS E-5 + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm F3.5-5.6 ASPH.

[PR]
by sukakichi3 | 2016-03-15 01:34 | 青森

2012年3月11日13時39分 青森県三沢市大字犬落瀬字古間木(2)

d0352387_00520633.jpg


「記憶に残る駅そば」

十和田観光電鉄の三沢駅。次の電車の発車まで時間があったので、券売所横の蕎麦屋に入ります。
すでに廃線になってしまった鉄道。現役最後の月、ちょうど4年前の冬(春?)に訪問しました。
駅舎全体が現役とは思えないくらいの古さ。しかし駅窓口も蕎麦屋さんも営業していました。
廃線直前の好景気に、お店の営業は飽和状態の印象。あのときの味をまだ憶えています。


OLYMPUS E-5 + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm F3.5-5.6 ASPH.

[PR]
by sukakichi3 | 2016-02-25 01:36 | 青森

2012年3月11日14時05分 青森県三沢市大字犬落瀬字古間木

d0352387_01085516.jpg


「今は無き私鉄の駅で」

青森県の三沢駅に発着していた「とおてつ」こと十和田観光電鉄。2012年3月末で廃止されました。
その直前に訪問した時の記録。東日本大震災からちょうど一年後の同日でした。震災からまもなく丸四年
                           (すみません、「丸五年」ですね。↑)

最末期は列車本数が減便され、利用しにくい状況でした。薄暗い三沢駅のホームに入線してくる電車。
この日はどんよりと雲が垂れ込めた、北国の冬らしい独特の重たい空模様でした。



OLYMPUS E-5 + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm F3.5-5.6 ASPH.

[PR]
by sukakichi3 | 2016-02-24 07:29 | 青森