Ring Wandering

カテゴリ:香川( 38 )

2016年5月29日14時29分 香川県某所

d0352387_23393356.jpg


気をつけ、をしてギリギリ肩幅いっぱいの通路。謎の回廊に入ろうとするわたしを、同行者が後ろから撮影していました。


[PR]
by sukakichi3 | 2016-06-13 23:41 | 香川

2016年5月28日10時07分

d0352387_23493314.jpg


赤いかぼちゃは中に入ることができます。チラリズムの要領で少しだけ存在感を出してみました。でもわたしは特別何をしているわけでもなく、ごく普通に立っているだけ。わが身長が事前に描いた意図にピッタリとハマったというわけです(笑)

草間さんの名作・赤かぼちゃですが、数年前に来た時よりも色が鮮やかになったような気がします。おそらく塗り替えるなどのリニューアルがあったのでしょう。


[PR]
by sukakichi3 | 2016-06-02 23:42 | 香川

2016年5月29日8時37分

d0352387_22474138.jpg


大型のタンカーと交錯するような航路で、船は島へと向かいます。こんなアングルにはなかなか遭遇出来ないので、興奮度が上昇しているのを自覚しながらシャッターを切りました。


[PR]
by sukakichi3 | 2016-05-29 22:46 | 香川

2016年5月29日12時37分

d0352387_18001773.jpg


黄色いカボチャを見てきました。以前と同じように、同じ場所に佇んでいました。


[PR]
by sukakichi3 | 2016-05-29 17:50 | 香川

2015年12月14日19時19分 香川県小豆郡土庄町 土庄港フェリーターミナル

d0352387_10593261.jpg
d0352387_10595294.jpg


#1. 小豆島に別れを告げて、岡山行きのフェリーに乗船します。わずか一日の滞在となり後ろ髪を引かれる思い。
それでも船に乗り込む瞬間はいつも胸が高鳴ります。夜行列車に乗るときの感覚に似ているような気がします。
特に島に住む方々には日常的な交通機関だと思われますが「陸地から離れる」という一点においては非日常。
旅人には「島」という閉鎖された空間の出入りに必須の船が、小さなフェリーであっても大きな存在です。

#2. 新岡山港にて。夜でも明るく人の気配が濃厚だった土庄港に較べて、こちらは本土なのに暗くて静かな港。
小さなターミナルビルの裏手に発着する岡山駅行のバスもポツンと所在なげで、寂しさから逃れられません。
フェリーも居心地が悪そう。旅客船が主役の土庄と違い、貨物関係の施設が周辺に多い工業港なのでしょう。
いわば陸の孤島みたいに、暗い闇にポツンと小さく光る新岡山港。ここの独特な空気は来るたびに印象的です。


OLYMPUS OM-D E-M1 + LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

[PR]
by sukakichi3 | 2016-05-20 12:14 | 香川

2015年12月14日18時25分 香川県小豆郡土庄町本町「迷路のまち」

d0352387_02283698.jpg
d0352387_02285993.jpg
d0352387_02294122.jpg


迷路のような複雑な路地が面白い、土庄本町の夜。この町の名物である可愛いキャラクターたちが待っています。
バケツと漁で使う浮き?を再利用しているものと思われます。近所の土庄高校の生徒達による作品だそうです。
細い道の角を曲がると可愛いのがポツンといたり。もう何度か訪れているので、迷宮も憶えてしまいました。

迷路のまちの象徴、西光寺の門前でもたくさん見かけます。それぞれの表情が個性的で楽しくなります。
ふと薬局の店頭を見ると、よく見るキャラの中にちゃっかり入り込んでいて、微笑ましくなりました。
原付は近くのバイク屋さんにすでに返却済み。土庄本町などを散策しながら、土庄港へ向かいます。


OLYMPUS OM-D E-M1 + LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

[PR]
by sukakichi3 | 2016-05-19 02:48 | 香川

2015年12月14日17時29分 香川県小豆郡小豆島町草壁本町 草壁港

d0352387_00204660.jpg


草壁港の夕景。電柱に光が灯らないかなと待っていましたが、願いは叶わず。しばらくそこに佇みます。
すると近くの民家にお住まいの方が、すぐ近くのベンチに腰掛けておられることに気がつきました。
ご年輩のご婦人でした。図らずも敷地に入ってしまった非礼を詫び、しばらくお話しました。

この方も港の夕景を静かに見守っていたそうです。素朴で飾らない話し振りに惹き込まれました。
島から出られたことはあるんですか?と失礼な質問。すると国内外あらゆる場所を旅されているとか!
いやはや見かけによらないというか、すみませんでした。わたしは色んな意味でまだまだです。


OLYMPUS OM-D E-M1 + LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

[PR]
by sukakichi3 | 2016-05-18 01:18 | 香川

2015年12月14日17時20分 香川県小豆郡小豆島町草壁本町 草壁港

d0352387_01124635.jpg


期待していた色付きには至らなかったものの、充分過ぎるほどフォトジェニックな港の夕景。
もしこの時間に寒霞渓の山頂駅展望台にいれば、また面白い絵が撮れたのかもしれません。
しかし今わたしは海辺の小道に二輪を停めて、チャプチャプ波音を聴いてます。

場所は寒霞渓道路を道なりに下ってきたところで出会う海。島有数の大きな港の一つ、草壁港です。
ここに到着する頃に空と海が彩られることをイメージしてきました。少し遅れましたが満足です。
色付きが期待できる冬の旅は寒いし動きが鈍るけれど、瀬戸内は暖かいのでまったく問題ありません!





OLYMPUS OM-D E-M1 + LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

[PR]
by sukakichi3 | 2016-05-17 01:31 | 香川

2015年12月14日17時07分 香川県小豆郡小豆島町神懸通

d0352387_00510946.jpg
d0352387_00540230.jpg
d0352387_01010454.jpg
d0352387_01074055.jpg


今日は日没後の小豆島夕景。太陽は山の向こう側へと沈みましたが、まだ水平線には残っているようです。
寒霞渓道路のくねくねした急坂を、駆け足で近づいてくる夕闇に恐怖心を抱きながら、ゆっくりと下ります。
ふと遠くに真新しいトンネルが見えて、なぜだかドキリとしました。ロープウェイ山麓駅へ至る道です。
暗闇が近づいても山の鮮やかさがわかります。まさか12月半ばでこれほどの色付きとは思いませんでした。
内海ダムの堤体が間近に見えてきた頃、灯りのない場所では走れなくなるくらいの暗さになりました。
当初17時には原付を返却して土庄港から船に乗る予定でした。大幅に遅れて、いま17時です。
これから島の南部を横断して土庄へ帰ります。目標を19時台の最終便に切替え、焦らずに帰路につきます。


OLYMPUS OM-D E-M1 + LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

[PR]
by sukakichi3 | 2016-05-16 01:48 | 香川

2015年12月14日16時33分 香川県小豆郡小豆島町神懸通

d0352387_01260238.jpg
d0352387_01264817.jpg
d0352387_01270438.jpg


ここ数回、紹介する順番は当時の時間に対して前後行き来してしまいますが、光が失われるまでの20分間。
寒霞渓ロープウェイの山頂駅を出てすぐにある展望台。その周辺で光を探しながら撮り歩きました。
最後は望遠で捉えた島の南東方向。どこへ向かうのか、小豆島の東から姿を現して、南を通り西へ消える船。
連絡船の魅力に取り憑かれてしまい、海上に船影が見えるとその正体を見極めたくなるので困ります。





OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

[PR]
by sukakichi3 | 2016-05-15 01:37 | 香川